自分のFXトレードを振り返ってみました

近頃FXのトレードがうまくいかず、自分の取引履歴を研究していました。

まず今まで使っていた手法の見直しから始めて、悪いところは無かったかルールは守れていたかを徹底的に分析することから始めました。
真っ先に思い浮かんだのは自分で決めた取引ルールを破ってしまったことです。

昼間は仕事でFXができないのに朝の通勤時間にスマホでFXのアプリを見てしまい、つい取引してしまうことがあります。
そうすると急な値の変動があっても対処できないので午前中にポジションを取らないことを厳守しなければいけませんね。
仕事でFXの画面を見れなかったおかげでポジションの利益が膨らんで大きな儲けを出したこともあるので、そういう経験が頭の中をよぎってルールを破ってしまう癖を直さないといけないのが今後の課題だと思います。

そして自分が決めた手法通りに取引することも大事ですね。
取引手法は色々試した結果、移動平均線一本だけを見る原点に回帰したので他のインジケーターに浮気しないように心掛けることにしました。また、最近では試しに少額から自動売買も開始しました。
FXの自動売買

複雑にチャートに表示しても全部を見るのは困難ですし、シンプルな方が私には合っているようです。

どちらも根底にはメンタルが占める部分が大きいのかもしれませんね。
もっとFXを勉強して、確固たる自信を持って次のトレードに臨みたいと思います。

取引の際の気持ち

あなたはどんな気持ちでFXに取り組んでいるでしょうか。
変なことを聞くようですが、気持ち1つで成果も大きく変わってくると私は考えております。

何事もそうですが、冷静な時ほど良い成果をあげるものです。
焦っていたり追い込まれていたりした気持ちでは、正しい判断ができません。
とはいえ、FXは、自分の大切な資産を使って行います。ですから、常に冷静でいろと言われてもなかなか難しいことではあります。

冷静さをスコット高めるには、自分が自信を持つことです。そして自信を持つためには、なぜそのように取引をしたかという根拠が大切です。円安が進みそうに感じたからでは全く根拠になっておりません。
論理的に、過去のこの動きと似ているとか、この数値が、とか、根拠は多ければ多いに越したことはありません。

しかし、根拠を見つけるにはそれなりの時間が必要です。
一般にFXは過去の値動きの統計を分析するものだと、個人的に考えております。
そしてこのような積み重ねが安定して良い成果を続ける根拠でもあるのです。

ただ分析し過ぎても勝てないことはあります。
このような時は、ゆっくり休んでください。休むことも時には必要です。リラックスしている時に、普段は見えないことが見えたりするものです。

長い投資生活です。ぜひとも健康には留意され、目標を達成してください。

そろそろ円安方向?

今年の初めから騒いでた
アベノミクス効果はどこへ行ったのか?(笑

ここ最近のチャートを見てる限り、
ここ最近は完全にボックス相場で、
素人さんが勝ちやすい相場なんでしょうね。

「ここ最近の安値で買い」
「ここ最近の高値で売り」
で、お小遣いは機嫌よく稼げる相場でした。

ここ最近のチャート見てたら、
そろそろ売り場って思っちゃいそうなんですけれど・・。

ドル円が100円・ユーロが135円の節目越えちゃいましたし・・。
そろそろ円安方向かな?なんて思っちゃいます。

そんなことは言っても、
気長に待てば、
必ず押し目というのはあるもので、
焦って買わずに、
押し目を拾って育ててみるかな?なんて思っています。

不安になったら、
アンコしちゃって、
ダメならポイしちゃえばいいんですもんね?(笑

取れてなんぼ、
よく出しすぎて
ポジション刈られたら悲しいので(笑

決済半分、
育成半分、
気長にトレードしてみようかな?って思ってます。

チャート見てていつでも思うんですけれどね、
相場師によって、
「ここ最近」の期間違うわけでしょ?
始めたばかりの人から見たら、
ホント最近の流れしか見てないでしょう?
遠い昔からなさってる先輩方は、
どこからを「ここ最近」って言うんでしょうね(笑

さてさて、ここ半年、
読めなくて痛い思いさせられましたからね(笑
倍返しだー。(爆

ちょっとペースが早い

直近の相場では、円安が大きく進んでいます。ドル円が101円台半ばまで来て、その他の通貨に対しても
円が大きく売られています。例外的に、オセアニア通貨が弱いですが、これはオーストラリア中銀の
意向などが働いてるのでしょう。
自分はマイナー通貨のランドとルーブルをFXや債券がMMFで保有しているので、ランドとルーブルの相場は
毎日チェックしていますが、両方共ここ2週間くらいはとても強いです。
さて、円安が進み、株高も進み、とてもいいことのように思えますが、あんまり円安が行き過ぎると
それはそれで困るので、この辺で落ち着いて、また一回下落してもらって、ぼちぼち
穏やかに進んでもらいたいです。実際のところ、米ドルのMMFをかなり保有しているのですが、米ドル円か100円の時に
FXでショートポジを作ってしまい、さらに、株の方も先週の頭くらいにかなり処分してしまったので、今回の
上げにちょっと乗り切れていないので、下げてもらいたい、そんな感じです。

また下げる要因としては、米国の財政の問題あたりかなと思っています。
それか、全く予期せぬ不測の事態が起きるか。米国財政問題は、また2月くらいにクローズアップされて
一回はそこで調整来るのではないかと読んでいます。

主婦も利用できるFXです。

全くFXの知識もなく、でも銀行よりも金利が良いのでFXは興味を持っていたんです。

お金の管理をしているのは主婦って方も多いと思うんですが、銀行へ定期預金をしてもなかなか増やすことはできないですし、このままではちょっとした貯金くらいしかできないな~と思って、なんとかして資産を増やしたいと考えるようになったんです。

なので初心者でもわかりやすいFX取引を紹介しているサイトを見つけたのでそこで色々と取引方法など勉強することにしました。

初心者なので業者選びや口座開設など詳しく説明しているサイトがあるので参考にすることにしました。手軽に利用できますし24時間365日いつでもどこでも申し込みができるので自宅のパソコンから取引することにしたんです。

少額から利用できるようなので、手持ち資金でまずは行ってみました。スワップポイントなど取引方法は自動売買ソフトを利用して取引を行ったのでFXも安心して活用することができましたよ。

バイナリーオプション

fxで話題になっているのがバイナリーオプションです。
バイナリーオプションの仕組みは非常にシンプルです。
これから先の相場が上がるか下がるかを予想し、どちらかのチケットを購入します。
予想が当たれば報酬が入り、外れれば掛け金が全て没収されてしまいます。
バイナリーオプションの基本的な仕組みはこれだけです。

丁半ばくちのように明快ですが、当たった時の報酬は2倍ではありません。
業者への手数料などがあるので、2倍よりは少し下がってしまいます。
つまり、あてずっぽうにかけ続けていれば段々お金は減っていってしまうので、相場の先行きを予想する必要があります。

バイナリーオプションのいいところは、短期ですぐに結果がでることです。
結果がすぐに帰ってくるので、どうなるかをやきもきする時間はありません。

加えてリスク管理が完全に自己管理でできます。
というのは、かけた金額以上のお金を失うことはありません。
負けた時は掛け金を全て没収ですが、それ以上何かを取られるわけではありません。
相場は上がったか下がったかの2択だけなので、値幅が大きくても小さくても、報酬も没収される金額も変化しません。

加えて、一日に何十回でも投機のチャンスがあるので、空いた時間で気軽にできます。

トータルで勝っていながら、スランプに入るとき

FXで負けだすととんでもないスランプに入ります。12戦11敗というのがありましたが、それが2回も続きます。

ということは、24戦22敗です。具体例を挙げるとすると、-6000円、-9000円、-8700円、+200円といったふうに続きます。

そうすると、けっこうな額が負けに積もって1日の結果で大負け状態になっていることがあります。

それでもそれまで勝っていたから、まだトータルでは+の状態でした。そのあと負けた分を取り戻せるかどうかわからないし、かなり運任せになります。そのあと、22敗のうち半分ぐらい取り戻すと、ひとまず安心です。こうもスランプになってしまうときがあって、いくら予想しても負けるときは負けてしまいます。

経験者であっても負けるときには負けるのがわかる気がします。ただFXの経験が少ない人よりは多い人のほうが、トータルでの勝率が高くなると思います。

トータルで勝てるようになるまでが個人差があり、おおよそ長い月日がかかります。